社員グループインタビュー

新卒でメディアシークに入社して2-3年目の現役エンジニア3名に、入社したきっかけ・社内の様子をインタビューしました。

グループインタビュー グループインタビュー

Q1メディアシークのことを、どのようにして知ったのでしょうか?

グループインタビュー

:大学の同期が面接を受けており、その紹介で知りました。

:大手就職支援サイトで知りました。ただ業界や業種で検索条件を絞っていたのではなく、スーツを着たくなかったため検索条件を服装自由にし、調べたところ偶然この会社に巡り合えたという感じですね(笑)。選ぶ基準は人それぞれでいいと思います。

:I君と同じく大手webサイト経由で知りました。実際に面接を受けてみると面接官の印象が良く、入社したいという気持ちが高まりましたね。

Q2どのような仕事に取り組みたいと考えて入社したのでしょうか?

グループインタビュー :入社前の段階から、自分でアプリを作ってみたいという気持ちがありました。実際には2年目あたりから開発に携わることができましたね。

:「消費者の目に触れるものを作りたい」と考えて入社しました。後々は自分がプロジェクトを率いて開発に携わっていきたいと考えています。

:大学で学んだプログラミングの知識をもとに、システムの設計段階から開発に携わっていきたいと考えていました。

Q3入社前と入社後で、会社に対するイメージのギャップはありましたか?

グループインタビュー
:他のIT企業は割と固いイメージがある中で、メディアシークは比較的緩い印象を入社前に抱いていました。仕事のメリハリはありつつも入社前に感じた良い意味での緩さは残っており、その点でイメージのギャップはありませんでしたね。

Q4若手のうちから裁量権をもって働けると感じましたか。

グループインタビュー
:若手のうちから裁量権を持って働けると思います。入社二年目頃には、社長から直接「若手同士でアプリを開発してみないか」といった話をもらえました。

:裁量権と呼んで適切かは分かりませんが、若手の意見もしっかりと聞いてくれる環境が備わっていると感じています。どの年代の先輩社員にも自分の意見は言いやすく、若手でもプロジェクトの方針を決めることのできる立場にいることができます。

Q5社内の人間関係についてはどうですか。

:簡単に言えば、体育会のような人間関係は全くなく、ある意味、友達感覚で様々な年代の社員と仕事をすることができるような雰囲気ですね。

:社長も気軽に若手社員に話しかけてくださります。自分の考えや意見を会社の上層部にも伝えやすい点で、風通しの良い会社であると思います。

:この前なんて社長と筋トレの話とかしましたよ(笑)

:社長がオフスペースを利用してサッカー観戦を企画してくれたりしますしね。自然と共通の話題が生まれる環境です。

Q6メディアシークに向いている人物ってどんな人だと思いますか?

:自分の意見をしっかり言える人かな。先輩社員は若手がどのような意見を持っているかを知りたいため積極的な発言を期待しています。とりあえず自分が考えていることを遠慮せずに伝えることができる、そんな人が向いているのではないかなと思います。

:部署によって求められる能力や人物像は変わってくる気もしますが、共通して言えるのは、やはり自分の意見を言えることですかね。あとは、社会人として必要最低限のマナーを徹底できれば十分だと思います。

Q7文系卒でもIT企業で仕事できる?活躍できる?

:どの年代にも文系社員は一定数いますが、文系学部卒であることが大きなハンデになっているような様子はこれと言って見受けませんね。特に気にする必要はないと思います。

:また、理系学部卒だからといってプログラミングができる学生は情報学部を出ているような一部の人だけ。文理の違いによって生まれる差はそこまでないような気がします。

:少なくとも、会社の選考フローに組み込まれている適正テストをクリア出来る能力があれば文系学部卒であろうと問題ないのではないでしょうか。

Q8これまでで最も苦労した仕事はどのような仕事ですか? また、それをどう乗り越えましたか?

: 教育産業系のプロジェクトでシステムの改善を依頼されたのですが、その仕事が大変でしたね。

:新しいシステムをゼロから作るという仕事ですね。どう乗り越えたかといえば、先輩のフォロー。自分でどうしても分からない点は先輩に聞き、仕事を進め何とかやり遂げることができました。

:初めてゲームの開発プロジェクトにアサインされ、自分では分からないことが多発したときですね。乗り越え方は、Y君と同じように、周りの先輩に不明点を質問することでした。ここの会社は先輩のフォローを受けやすい環境だと思います。

:最低限の礼節さえあれば質問しても突き返されるというようなことはありません。 また、どのような仕事もチームを組んで行うため、チームメンバーからのサポートも受けやすく安心して仕事に取り組むことができます。

Q9仕事のやりがいを感じる瞬間は?

:給料日…(笑)。

:自分が携わったシステムがバグを起こすことなく作動した時ですかね。

:アイドル系アプリの開発に携わっているですが、そのバグ報告がなく正常に機能した時ですね。「良いものを作り上げた」という達成感が得られて、とても仕事にやりがいを感じます。

:システム開発という仕事の特性上、バグが起きないことはとても嬉しいことですね。

Q10新卒入社するとすぐに3ヶ月のエンジニア研修がありましたが、充実していましたか?

:正直に言うと、少し内容の詰め込み感がある研修であったと思います。それだけ充実しているということですが。

:ただ、研修内容を研修後すぐ使いこなすことは求められないので、そこまで心配することはないですね。

:3ヶ月の研修で一人前になることを目的としてはいないと感じました。今後、徐々にレベルアップしていくための入り口として研修は用意されていると思います。

Q11飲み会はたくさんありますか?

:飲み会の強要は一切ありません。飲み会に行かないと会社に居づらくなるといったことも一切無く、個人的に飲みたい人が飲み会に行っています。

:仲の良い人の間で、週末に飲みに行くことを企画し、参加したい人が参加する程度ですね。

Q12プライベートな時間は確保できているか?

:土日は基本休みで、自分の好きなことに時間を使えていますね。プライベートは確保できていると思います。

:有給休暇も取得しづらいという雰囲気はありません。社員は皆自分のタイミングで有休を申請しています。

:プライベートの充実をサポートする福利厚生サービスも備わっていて、自分はこの前、会社の制度を使って、ディズニーランドのチケットを割安で購入して、遊びに行きました。

:他にも、格安の宿泊プランがあったり、自分も遠出をする際は用意されている福利厚生サービスをよく利用しますね。

Q13最後に、今、まさに就活をしている皆様にアドバイスを!

:メディアシークは選考において、学生の人となりを重視しているので、そこまで取り繕うことなく素の自分を出してくれると良い結果に結びつくのではないかと思います。

:就活中、気分的に落ち込む必要はありません。仮に第一志望に落ちても「この会社に合わなかったんだ」と割り切って考えて前へ進むことが、大切ですね。

:周りが内定を得ていく中で、自分が思うような結果を出せていないと焦る人も多いかと思います。自分もそうでした。ですが、重要なのは一つひとつの会社をしっかり吟味することです。早く内定を取ることよりも、たとえ内定を獲得する時期が遅くても、自分が本当に働きたいと思える会社に入ることが最重要です。焦ってよく考えることをないがしろにしないように気をつけてください。
グループインタビュー
:泣いても笑っても学生生活は残りわずかですから、就活にばかり気を取られず、たまには友達との息抜きをはさみながら自分の過ごしたいように過ごすことがいいと思いますね。

エンジニアの皆さん、ありがとうございました!

採用情報
メディアシークの「人」
事業紹介
研修・制度・環境
採用Q&A
採用に関するお問い合わせ