BRAINTECHコラム

脳科学(BrainTech , neuroscience)の需要があると想定される領域

脳科学(BrainTech , neuroscience)技術の活用は、様々な事業、サービス領域で考えられている。ここでは、いくつかの例をご紹介しよう。

医療
医療現場における脳科学(BrainTech , neuroscience)は、認知症、脳卒中、うつ病などの脳疾患の医療現場での実用に加え、予防医療、予測医療に応用可能な技術開発が盛んである。また、リラクゼーション事業領域など、代替医療への活用も期待されている。

軍事
アメリカ特有の市場として、軍事産業での脳科学(BrainTech , neuroscience)技術の活用が挙げられる。「戦闘持続性計画」と呼ばれるプロジェクトがあり、脳に働きかけることによって負傷前から痛みを感じにくくする技術や、脳波と眼球からデータを収集して戦場での活動を助ける技術など、ハリウッド映画の世界で見られるような近未来型技術の開発も進められている。

リスクマネジメント、人材開発
この領域では、事故防止対策としての集中力コントロールや、ストレス・コントロール、作業効率改善につながるパフォーマンス・エンハンスメントに関連して、脳科学(BrainTech , neuroscience)技術の活用が進むと考えられている。また、従業員個人が集中力向上トレーニングなどに利用できるよう、個人のスマートフォンで使えるアプリの開発も盛んになってきている。

教育
言語習得、学習力向上、記憶力向上などに役立つ、教育分野での脳科学(BrainTech , neuroscience)活用も需要が高い。アメリカの一部の学校では、宿題にゲーム感覚で脳機能を活発にするスマートフォン用のアプリが配布されたり、言語学習教材として(BrainTech , neuroscience)をベースに開発された教材が用いられている。

公立の学校で配布された教材の例
(ワシントン州。ワシントン大学が作成し、学校に配布)

その他、学校により導入実績のあるプログラムの例

CONTACT US

お問い合わせ

ブレインテックに関する
お問い合わせはこちら

株式会社メディアシーク 〒106-0047 東京都港区南麻布3-20-1 Daiwa麻布テラス
https://www.mediaseek.co.jp/
IR・広報担当 E-mail:press@mediaseek.co.jp

© 2018-2020MEDIASEEK,inc.