メディアシーク、商品バーコードからクチコミ投稿できる「ものトーク」開始 #ハッシュタグで消費者カルチャーを発信!

2018.01.20

株式会社メディアシーク(本社:東京都港区、代表:西尾直紀)は、株式会社ナイガイ(本社:東京都港区、代表:今泉賢治)の全面的協力のもと、商品パッケージのバーコードを読み取るだけで簡単にクチコミ投稿ができる新サービス「ものトーク」を開始しました。商品パッケージに印刷された商品バーコードを、同社が提供する無料スマホアプリ「アイコニット」で読み取るだけで、当該商品に関する情報をまとめてチェックでき、あわせて、商品の感想やクチコミ情報を#(ハッシュタグ)にして手軽に投稿できます。#(ハッシュタグ)から消費者カルチャーを発信する新たなコミュニケーションサービスを提供します。

 

日本で販売されるほとんどの商品に印字される商品バーコード(JANコード)は、バーコードを読み取るだけで「どの事業者の、どの商品か」を一意に識別でき、商品購入の際などレジでバーコードを読み取って値段や商品情報を確認しています。「ものトーク」は、この商品バーコードをスマホのカメラで読み取るだけで、当該商品に関するクチコミやSNS、ハッシュタグなど関連情報をまとめてチェック。「ものトーク」に投稿された情報はハッシュタグで手軽に検索でき、商品の感想など#ハッシュタグにして手軽に投稿できます。消費者カルチャーは#ハッシュタグに反映され、ツイッターやインスタグラムなどSNSからハッシュタグ検索することで、現在の流行やカルチャーを体感できます。メディアシークは、すでに商品に印刷されている商品バーコードと、スマホユーザーの定番となっている無料アプリ「アイコニット」を組み合わせ、商品(もの)を起点に消費者カルチャーを発信する新たな消費者コミュニケーションサービスを提供します。

 

「ものトーク」は、ユーザー投稿のほか、商品を提供する企業からも様々な情報提供が可能。各種キャンペーンなどメーカー企業を巻き込んだコミュニケーションも実現できます。レッグウェアに主軸を置くアパレルメーカー、株式会社ナイガイは、同社製品ユーザーとなる消費者とのコミュニケーション強化にチカラを入れており、サービス開始当初から同社レッグウェアに関する商品情報を積極的に提供するほか、「ものトーク」で同社商品に関するクチコミ投稿したユーザーに対し様々な賞品が当たるキャンペーンを予定しています。

 

mediaseek-monotalk-20180120

 

■ものトーク:             https://mono-talk.com/

■バーコードリーダー/アイコニット:  https://www.iconit.jp/

 

 

 

 

  • 本プレスリリースに記載された会社名および商品名/サービス名は各社の商標または登録商標です。
  • 本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承下さい。

株式会社メディアシーク
〒106-0047 東京都港区南麻布3-20-1 Daiwa麻布テラス
https://www.mediaseek.co.jp/
IR・広報担当 E-mail:press@mediaseek.co.jp

最新のIR情報
2018年
2017年
2016年
過去のIR情報