メディアシークが選ばれる理由

メディアシークが選ばれる理由

システム開発では当たり前のことを100%遂行する。
メディアシークが選ばれるのには4つの理由があります。

業務の理解なくしてシステムの成功はありません。

業務の理解なくしてシステムの成功はありません。
できるだけ短時間でお客様と同等レベルまで深く理解できること。

ご相談を頂いたらまず最初にすること、それは「聴く」ことです。

お客さまから現在の業務とお悩みをヒアリングし、お客さまと同じレベルで理解をする過程で、 お客さまが抱える問題の根本的な原因とその解決方法と理想のビジョンを明確にします。

業務の理解なくしてシステムの成功はありません。 業務の理解なくしてシステムの成功はありません。
レアケースまでを網羅する。 レアケースまでを網羅する。 レアケースまでを網羅する。

レアケースまでを網羅する。
何千という業務パターンを、徹底して洗い出す地道な遂行能力。

「そのシステムには何が必要なのか?」 私たちは徹底的に洗い出しを行います。

何十、何百という目に見えるパターンから、見落としがちな想定外のパターンまで、 根気よくしらみつぶしにすることで、お客さまが想定されていなかったけれど、 実は無いと困る処理が見落とされていないか、徹底的に洗い出しと確認を行います。

システムの入口と出口はデータ。

システムの入口と出口はデータ。
データ設計の段階で、 会計処理の仕訳までを考えた設計ができること。

ほとんどのシステムでは、データは最終的に会計システムへと流れ込みます。

それをきちんと理解していないと、仕訳できないデータが生まれてしまうことがあります。

メディアシークは、業務をしっかり理解した上で、会計システムにデータが送られた時の処理までも先読みしてデータを設計する、そんな文化があります。

システムの入口と出口はデータ。 システムの入口と出口はデータ。
開発に関わるすべてのスタッフが、同じ理解の基に業務を遂行できる、鍛えられたチームであること。 開発に関わるすべてのスタッフが、同じ理解の基に業務を遂行できる、鍛えられたチームであること。 開発に関わるすべてのスタッフが、同じ理解の基に業務を遂行できる、鍛えられたチームであること。

開発に関わるすべてのスタッフが、同じ理解の基に業務を遂行できる、鍛えられたチームであること。

システム開発によく起こる問題は、各工程毎に関わる人間それぞれで思考も分業化されてしまうことです。

メディアシークは、お客さま担当から開発陣、検証者まで、すべての人間が お客さまの業務を理解して遂行するため、正確かつ素早いフィードバックを行いながら開発を進めます。

また、検証作業は外注ではなく社内でリソースを確保して実施をしているため、システムバグや設計漏れの発生を防ぎます。

お問い合わせ