ブレインテック・DTxにおける
治療用アプリの研究・開発

オープンイノベーションによるDTx事業

メディアシークは、脳神経科学とITを融合させるブレインテックに長く取り組んできました。その中で培ってきた、脳の状態を整えるニューロフィードバックという技術を活用し、事業パートナーと提携してDTxの領域で事業展開しています。
特に薬での治療が難しいとされる慢性疼痛(腰痛)やうつ病、認知症といった中枢神経系の病気を中心に、治療用アプリの自社開発を行っていきます。

ブレインテック・DTxの取り組み

メディアシークではブレインテック技術を活かし、DTxにおける治療用アプリの研究・開発を行っております。
オープンイノベーション型の共同事業として、サービスの実証実験、薬事認証、販売については各研究機関や製薬企業などのパートナーと提携しています。

事例・パートナー紹介

腰痛は日本人の国民病の1つとも言われ、厚生労働省の発表によると病院の外来を受診する腰痛患者のほとんど(約85%)は原因の特定できない非特異性腰痛です。
経済損失が年3兆円に上ると試算されている腰痛について、千葉大学医学部附属病院痛みセンターにて、原因を特定できない非特異性の慢性腰痛患者を対象に様々な治療の効果を計測する研究を実施するにあたり、認知行動療法や運動療法と並んでニューロフィードバックも治療法の1つとして検証されます。
メディアシークは、ニューロフィードバックを行うアプリとデバイスを提供する形で技術協力を行いました。

認知症は日本において最も大きな社会課題の1つであり、内閣府が2030年には認知症患者が700万人以上になると試算している通り、これから患者数が増えていく病気です。
まだ根本的な治療法は確立されていないため、症状が軽い軽度認知症を早期に発見することが重要です。
メディアシークはこの早期発見のために、デバイスを開発している製造メーカーと提携して、ブレインテック技術を活かし脳の反応から軽度認知症をスクリーニングするサービスの研究・開発を行っています。

株式会社メディアシーク
〒106-0047 東京都港区南麻布3-20-1 Daiwa麻布テラス
https://www.mediaseek.co.jp/
IR・広報担当 E-mail:press@mediaseek.co.jp

© 2018-2021MEDIASEEK,inc.